阮ャ蟄ヲ逕溘・繝壹・繧ク
薬学生のみなさんへのお知らせ


●夏実習のお知らせ(PDF版)と申込用紙(FAXの場合)
★ 巨テ岡健康企画 薬学生奨学金規定(準備中) ★
    問合せ:ことぶき薬局 E-mail:kotobuki-ph@if-n.ne.jp
                      電話(055)977-6024  FAX(055)977-0890

    3〜4年目
病院研修(6ヶ月間)
●小グループのリーダーとして活動する
●学会発表(自分で研究課題を見つけ、
 研究しまとめる)
2年目
病院対応薬局と診療所対応薬局の
両方を研修
●安全対策、地域活動
●薬事委員会にて新薬評価
●DIニュース原稿担当
●薬局通信「はあもにぃ」編集会議
●学会発表(口演)
1年目
入植時初期研修
(調剤〜監査〜服薬指導〜
調剤報酬まで)
●チームワーク医療について学ぶ
●在宅訪問業務
●学会活動(共同発表・ポスター)
 
 

 ▽ 薬剤師募集 (2009年度薬剤師募集要項はこちら)

当社の4薬局は薬歴管理に基づいた情報提供を行う「かかりつけ薬局」です。他の医療や介護で働く方たちと薬物療法が安全・有効に行われるよう様々に連携します。科学的に薬剤を評価する目を養うために病院薬剤師と定期的に新薬モニターや副作用モニターを行っています。
 医薬品だけを見るのではなく、患者さま一人ひとりの生活や労働・家族関係など全体を通して捉え、その痛みや苦しみに共感できる薬剤師を目ざしています。
医療制度の改善や環境問題、平和を守る取り組みを行っています。
 医薬分業は情報を開示し「患者さまが主役」の医療をめざす制度です。私たちは、一人ひとりの患者さまの痛みに共感できる薬剤師を求めています

  ☆ 薬剤師研修(概略)  (2009年度研修要項はこちら)

T.研修(生涯研修)の充実
1.入職時初期研修研修(1ヶ月報告、5月〜10月報告)    
2.2年目研修
 病院対応薬局研修(3ヶ月)
 診療所対応薬局研修(3ヶ月)
 薬局通信「はあもにぃ」編集会議
 学会発表を始める(初めはポスターから)
3.3〜4年目研修
 病院研修(6ヶ月) 薬事委員会にて新薬評価 DIニュース原稿担当する
 学会発表(オーラル発表を行う)
4.中堅研修:
 高校生・薬学生実習の受入れ指導
 全日本中堅薬剤師交流集会参加    薬剤師幹部研修参加
5.薬局責任者研修

 実務に関するオリエンテーション、保険薬剤師実務実習、病院・介護施設・在宅医療の見学、疾病と薬物療法の講義の基本的な研修とあわせて、患者さまの痛みに共感でき、親切でよい医療をめざす民医連(全日本民主医療連合会)の取り組みを学び、その中で医療従事者としての基本的な心構えを身につけます。一人ひとりの薬剤師の力量、意欲に配慮しながら薬剤師としてスキルアップを支援します。3〜4年目研修として、6ヶ月間の病院薬剤師研修を実施します。
  ◇ 先輩薬剤師からのメッセージ ◇

「チーム医療の一員としてやりがいを実感!」
病院薬剤師 TN(薬剤師98年卒)
10年目 竹端病棟業務の特徴は、チーム医療ができること。毎週行われる病棟回診では、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・栄養士・ケースワーカー・事務などが同行し、回診後は気になる患者さんについてカンファレンスを行っています。医者からの相談も多く、治療計画に携わっています。プレッシャーもありますが、チーム医療の一員としてやりがいを実感してます。また病棟では、実際に調剤した薬でよかったのか…、薬がきちんと飲めているか…など、自分の目で確認できます。患者さんから学ぶこともたくさんあります。是非、病院薬剤師の仕事を見学に来てください。